儀間派松濤館流最高師範
儀間 真謹先生(1896〜1989)

1896年沖縄に生まれる。
1912年糸州安恒、屋部憲通先生のもとで空手を始める。
1922年船越義珍の空手指導の手伝いをする。
柔道の嘉納治五郎の講道館で空手の模範演武(鉄騎初段)
1923年船越先生より初段を授与される。
松濤会、日本空手協会の技術顧問。
高校で教鞭をとり、校長を歴任(甲府商業高校等)。
退職後、鹿島建設に勤務。
首都圏空手道連盟、渋谷区空手道連盟、沖縄空手道協会(在京)会長。
鹿島建設空手道部の師範。
全日本空手道連盟の顧問。
儀間派松濤館流会長。
1956年遠山寛賢より十段を授与される。書道の大家でもあり、鶴寿の号。
1989年満93歳で亡くなる。